ボトルネック(制約)を活用する

TOCを学んで行く際に陥りやすいボトルネックに対する対処法を示した言葉。

原因(詰まっている部分)を何とかしようと根本原因に物理的に投資して改善(キャパを広げる、ステップアップさせる、スキルアップさせる、性能向上させるなど)としてしまいがちだが、
先ずは、流れや仕組みなどを観察し滞っていることに対する1つしかない原因(根本原因)を突きとめるとともにその原因にプロセス全体を合わせ活用することが大切である。

ボトルネックへの投資は4番目。

よく市民の目線に立ってとか、弱者の立場に立ってとお話される方がいるが、〜に立ってという時点でまだまだ目線や物言いが高い位置にある。
誇りは高く目線は低く、ボトルネックに合わせて活動出来てこそ市民のMQ値は上昇する。