緊急事態発生さぁどうする自分。

緊急事態が発生。

それは、普段の生活や仕事の中に普通に起こりうる事態。
災害発生時には特に顕著に実感できるとともに自身の存命に関わることとなり、
自分のペース(時間配分)ではコントロールできない。

そんな時、緊急事態は被災側にのみ起こることのように感じるが
実は、救う側にも同じことが起こっている。

119通報が殺到する。

例えば、大地震が発生して多数の要救助者が発生すると消防へ119通報が殺到する。
最初に通報する側に119につながらない緊急事態が発生。
多くの通報に対して消防車や救急車の数が対応できなくなる。

ひとつの目標に向かって

ひとつの目標に向かってみんなのベクトルをひとつにする。

  • ゴールをみんなで確認
  • 時間をみんなで確認
  • ゴールまでの障がいを確認

フォローのお願い

投稿者プロフィール

kano
kano
かのさんこと鹿子澤浩美(カノコザワヒロミ)です。
緊急時に活用できるTOC理論をご紹介しています。
MGも緊急時の考え方に応用できないか研究しています。

セミナー開催・防火管理・防災相談のお申し込み

「緊急TOC」のセミナー開催の依頼・防災講話・防災相談等の依頼フォームです。

緊急TOC以外の通常のTOCセミナー、防火管理・防災に関するご相談も、この依頼フォームで受け付けております。

30余年の消防現場経験と知識から皆様の目線でご要望にお応えいたします。

どうぞ、お気軽にお申し込みください。